あったらいいなにお答えします! 株式会社イエス-タカギ

手で触れる、あらゆるものをお手軽に 強力除菌&消臭! 弱酸性 次亜塩素酸除菌水 Pathocut 80 パソカット80

ウイルス対策 肌に優しく安全 長期保存可能

使いやすい スプレーガンタイプ:500ml 972円(税込)

Yahoo!で買うAmazonで買う

平成28年7・8月限定で収益金の一部を熊本地震義援金としてお届けしています。

除菌消臭液いろんなものが、ありすぎてワカラナイ ウイルスが、気になる。カビが、気になる。【シンク・お風呂場・脱衣所・洗濯機など】におい、気になる。【上のものはもちろん、今、着ている衣服・トイレなど】足のにおいが気になる。除菌をしたい。

アルコール消毒液と大きく違う除菌力

アルコール消毒液とパソカット80の比較

濡れた部分への使用・ノロウイルス対策・消臭効果・手肌に優しい・引火性が無い アルコール消毒液× パソカット80○

パソカット80の6つの特徴

  • 1,濡れた部分にも十分な除菌効果を発揮

    アルコール消毒液と異なり、濡れている場所、
    モノにでも十分な除菌効果を発揮します。
    その為、まな板や包丁に水気が残っていてもしっかりと除菌ができます!

  • 2,様々な菌に対して効果試験済み

    ノロウイルスに対する除菌効果試験を実施し、
    効果を得ております。
    また、一般生菌・大腸菌・MRSA菌・黄色ブドウ球菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌・セレウス菌等においても、効果試験済みです。
    様々な菌に対して除菌効果が認められるので消臭効果も十分期待できます。

  • 3,薄めずにそのまま使用可能

    パソカット80は薄めたりせず、手間なく簡単にご使用いただけます。
    よって、いつでも気軽に除菌をすることができます。

  • 4,食品添加物でできているので安心・安全

    食品添加物として認められている「次亜塩素酸ナトリウム」と「酢酸(お酢)」の組み合わせで作られているので、安心してお使いいただけます。

  • 5,手肌優しく、手袋要らず

    アルコール消毒液は脱脂効果があるため、
    継続使用すると肌が荒れることがあります。
    しかしパソカット80は「肌荒れがしにくい」というお客様の声をいただいております。
    手袋を着用せずにお使いいただけます。

  • 6,引火性無く、400日以上
    長期保存が可能

    引火性が無いため保存場所を選びません。
    さらに常温保存で400日間で90%以上の有効濃度を保持する試験結果が出ています。
    このため長期保存が可能です。

気になる部分に直接吹きかけるだけ

パソカット80の使い方

  • 菌が気になる部分に薄めずに
    直接スプレー、または浸漬

  • 清潔な布に
    スプレーし、拭き掃除

※機械類は、故障の原因になりますので、直接スプレーせずに布にスプレーし、拭き掃除をして下さい。

パソカット80でできること

  • 日常的に手で
    触れるものの除菌

    (ドアノブ・テーブル・
    スイッチ・手すりなど)

  • 厨房内の衛生管理
    (調理器具や廃棄物類の
    消臭、除菌)

  • ウイルスや病原菌から
    身を守る

    (衣服やマスクの除菌)

具体的な使用例

  • 包丁、まな板、鍋、おもちゃ、食卓、調理台など
     →直接スプレーし、清潔な布で拭き掃除をする。

  • 調理器具など
     →直接スプレーし、1~2分置いた後、軽く水洗いをする。

  • 手でふれるあらゆるところ
     →直接スプレーし、乾くまでよくなじませる。

  • ふきんや雑巾
     →バケツに原液を適量入れ、ふきんが浸るくらいの水を入れしばらく放置する。

商品仕様

商品名

Pathocut 80(パソカット80)

成分

次亜塩素酸ナトリウム(低臭素酸タイプ)、pH調整剤

試験済み項目の一覧

  • 【変退色試験】
     素材を痛めたり、変色させる心配がありません。
    ※衣類や敷物、家具へのテストは十分におこなっていますが、念の為、目立たない端か裏での変色の有無を確かめてからご使用ください。
  • 【ヒト皮膚一次刺激性試験】
    皮膚に触れても問題がないことが認められています。
    ※刺激性試験済みですが、万が一皮膚に異常が認められた方、皮膚の弱い方は使用を中止し、医師または薬剤師にご相談下さい。
  • 【経口・吸引毒性試験】
     口に入っても問題がないことが認められています。
    ※経口・吸引毒性試験済みですが、口に入った場合、吐き出す、うがいをするなどの処置後、ご心配な方は医師または薬剤師にご相談下さい。